トップ  >  しらす漁業  >  1.しらす漁業の歴史

1.しらす漁業の歴史

 昭和30年代頃までは、船は木造の無動力船、網も現在の三分の一程度の大きさで、網やロープの材質も、みご(藁の穂の部分)、麻、綿糸といった植物性ものを用い、ウキは桐(アンバ)でオモリは素焼き(ヤ)で、毎日浜に干して、夕方船にたぐりいれていました。
 昭和30年代に入ってからは、それまでは、網元で漁場が決まっていた漁場も(アンドといわれていた)田子浦海岸全体となり、捕れたしらすは、仲買や小売りに直接売り渡していました。
 昭和36年に漁港が出来ると船もしらす網も大型化し、船は強化プラチック船(FRP)網やロープはナイロン系からクレモナ系となり、巻き上げローラーや魚群探知器も設置されるようになり、捕れたしらすは、漁協を通して、仲買へのセリ又は入札となりました。
 現在、漁船の大きさは、4t以上~6t以上、エンジンの出力も400~800馬力となり、設備も巻き取りローラ、魚群探知は全船に装備され、その他釣りや刺し網などの目的にあった臨織設備も付いています。
 魚網も改良され、材質はクレモナに変わり、アンバは発泡スチロール、ヤは鉛でロープにも鉛が入っています。長さは200~250m、しらすの入る袋の部分だけでも30m前後で、しらすを選別するため中袋を付けた二重構造になっています。
 

しらす漁法一艘引き

プリンタ用画面
友達に伝える
カテゴリートップ
しらす漁業

田子の浦漁協食堂のご案内
営業期間
4月1日~12月28日
営業時間
10:30~13:30
休業日
6月第4日曜日「しらす街道フェア」と9月第4日曜日「しらす祭り」開催中は、特別価格でご提供いたします。
台風などで臨時休業有り

富士山しらす街道

しらす漁の動画・しらす街道の説明がご覧になれます。
※動画は外部サイト(YouTube)に接続されます。
動画はコチラ

2015しらす街道パンフレット(PDF、5.6MB)

田子の浦漁協直売所のご案内
【漁協直売所】
取扱品
しらす・桜えび・海産物加工品
調味料・お茶等静岡名産品
営業時間
10:00~15:00

【鮮魚販売所】
営業時間
10:30~14:00
定休日
水曜日
(祝日は臨時休業有り)
取扱品
まぐろ・魚介類・干物・刺身など
電話番号
0545ー63ー0300
【生しらす販売のお問合せ】
0545ー61ー1004
地びき網漁業窓口
  •  太忠丸
    055−966−1359
ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失